ATSについて

ATS(Athletic Trainers' Station)は、アメリカの医療国家資格の一つでもあるATC(Certified Athletic Trainer)の監修の元、アメリカのプロスポーツや大学に設置されているATR(Athletic Training Room)を各スポーツイベントでも設置し、イベント参加者のケガや事故などの不測の事態にベストの対応をする為のサービスです。

 

各種医療関係者との連携を強化し、First Aid(応急処置)からイベント直前のコンディショニングケアまで幅広く対応いたします。

陣容について

ATSでは、以下のような陣容を基本に、イベントの規模およびコストに応じてスタッフを配置させていただきます。

1. 当社所属アスレティックトレーナー(2名~)
十分な経験を積んだATCもしくは日本体育協会AT保有者、または医療国家資格者。
2. ATSサポートスタッフ (規模に応じて必要数)
経験は少なくとも十分な知識を有しているメンバー。
  • 夏場に関しては熱中症対策など、管理すべきリスク要素が増えるため、
    「アスレティックトレーナー1名あたりアシスタント2名」を1チームとさせて頂きます。

もっと詳しく

設備について

ATSには以下の設備を常設しております。

  • 基本設備:

    ベーステントに設置される設備になります。

  • メディカルツール:

    緊急時対応から軽傷の対応まで幅広くできるように設備を整えています。

  • 各トレーナーの携帯品:

    ATSについているトレーナーは各自最低限のツールを装備しています。

もっと詳しく

導入実績

  • FCBESCOLA CAMP KATSUSHIKA 2013

  • 城南アクアスロン

  • 江戸前トライアスロン

もっと詳しく