クリニックで働くトレーナー 第3弾

こんにちは!Questです!

今日はクリニックでのエクササイズ紹介ラスト!

パーキンソン病を有する方への工夫をチラ見せします♫

(Instagramにて動画を公開中!)

以前も病状の進行予防として脊椎の進展の可動性、支持性を高めていくことが大切、とお話をしましたが、

今回のエクササイズもそのための1つです。

壁に近い位置に立ち、後ろに倒れないようにしながら目標のラインまで手を伸ばしていきます。

ポイントはゴールの目安を明確にすること!

腕を伸ばして、背中を伸ばして、と声かけをプラスすることはせず、

できるだけ上の印に手を伸ばしていって、というシンプルなものに。

コマンドの数を少なくシンプルに伝えることで、相手の混乱を減らし緊張を緩めてあげることは、アスリートも患者様も同じなんですね!

声かけの仕方でパフォーマンスが異なるのでれば、それはトレーナーの腕の見せ所!

そのために皆さんが気をつけていることがあれば、コメント等で是非シェアしてください♫

ではまた!

Questの新着情報をお届けします

画像をアップロード

Quest
オンラインショップ

オンラインショップでは当社所属メンバーが実際に使う、選りすぐりのツールを販売いたしております。